イルカショーでイルカが傷だらけ!?(SeaWorld,アメリカ)

イルカの画像 1.動物・アニマルライツ

ブログを見に来てくださってありがとうございます。ベジブタです。
今回はアメリカの “シーワールド” で、イルカショーが問題になっているとの記事を読んでみました。

今回読んだ記事

アメリカ、シーワールドのイルカショー

アメリカの水族館の “シーワールド/SeaWorld” のイルカショーにおいて、トレーナーがイルカの背中や顔に乗るパフォーマンスをやめるとの記事を読みました。 動物の倫理的扱いを求める人々の会 (People for the Ethical Treatment of Animals, PETA)と、段階的にやめることを約束したとのことです。

トレーニングも含めて、イルカはけっこうな傷を負うそうです。それをやめさせたい、ということなのでしょうね。

ぼくもイルカショーは何度か見に行ったことがありますが、わりと朗らかなショーというか、みんなが笑顔になるイベントという認識です。「かわいそう」という雰囲気は全然感じられない光景ですよね。

でもよく考えれば、あれだけのことができるようになるのには、相当な訓練必要だというのも納得できます。その過程では怪我もすることだってあるでしょう。トレーナーもそうですよね。

おそらく特に傷を負いやすい、人が乗るパフォーマンスをやめよう、ということなのでしょうね。そんなに深刻だとは知りませんでした。

記事中の難しい英単語一覧

  • damning【 dǽm(n)iŋ 】有罪を証明する、決定的な
  • veterinary【 vétərənèri 】獣医
  • reveal【 rivíːl 】明らかにする
  • suffer【 sʌ́fər 】苦しむ
  • extensive【 iksténsiv 】広範囲
  • pledge【 plédʒ 】固い約束
  • campaign【kæmpéin】運動
  • phase out 段階的にやめる
  • ethical【éθikəl】倫理的
  • severe【sivíər】厳しい、シビア
  • cruel【krúːəl】残酷な
  • executive【igzékjətiv】幹部
  • allow【 əláu 】許す
  • shareholder【 ʃέərhòuldər 】株主
  • proposal【 prəpóuzəl 】提案
  • respond【 rispɑ́nd 】応じる
  • stating 述べる
  • it is no longer もはや~ない
  • feature【 fíːtʃər 】特徴
  • claim【 kléim 】要求する
  • abuse【 əbjúːz(動) / əbjúːs(名) 】乱用
  • orcas シャチ
  • backlash【 bǽklæ̀ʃ 】反動
  • breeding【 bríːdiŋ 】繁殖
  • captivity【 kæptívəti 】監禁状態
  • intent【 intént 】意図
  • drag【 drǽg 】引っ張る
  • scream【 skríːm 】悲鳴
  • release【 rilíːs 】開放する
  • sanctuary【 sǽŋktʃuèri 】保護区域

スポンサーリンク
1.動物・アニマルライツ 海外ヴィーガンニュース(すべて表示)
■ シェアしていただけると、ベジブタめっちゃ喜びます!
ベジブタをフォローする
この記事をお届けした
ベジブタの最新ニュース情報を
いいね! してチェックしよう!
最新情報をお届けします。
この記事を書いたひと
ベジブタ

ブログを読んでくださってありがとうございます。
9割ほどのゆるいヴィーガン生活を送っています。
たまに普通のパンも食べるし、革靴も履いています。
普段の生活に、少しヴィーガンを取り入れたい方へ向けて、情報をシェアできたらと思っています。
ちなみにぼくは男性で、趣味は読書と筋トレです。
またぜひブログ見に来てくだいさね。
Twitter もよろしくお願いします。
*もう少し詳細なプロフィールは、名前のリンクをクリックしてお読みください。

ベジブタをフォローする
9割ヴィーガンの生活
タイトルとURLをコピーしました