相手の痛みを知ったひとは、つよく優しい【ハンターからヴィーガンへ】

deer 1.動物・アニマルライツ

今日も当サイトにおこしくださいまして、ありがとうございます。ベジブタです。

今回は、狩りを楽しむハンターからヴィーガンに変身した男性の記事を読んでみました。

今回読んだ記事

ハンターからヴィーガンへ

テリーさんは若いころからずっと狩りをしてきました。
たくさんの動物を殺してきました。

テリーさんが育った家族は、みなが狩りを楽しむ家庭。
おじいさんにあこがれていたテリーさんが、狩りに親しむようになるのは自然なことでした。

おとなになっても狩りを続けてきましたが、2年前に大腸炎にかかったことが転機となります。
治療のため食事を菜食に変え、そのおかげで病気は順調に治りました。

テリーさんは、この菜食への転向をきっかけに「ヴィーガン」を知ることとなります。

ヴィーガンから学んだ常識のウソ

「おかしくなったと思うかもしれないが、病気になったことに感謝している」

テリーさんは、病気が目を覚ましてくれたといいます。

「菜食を始めて、大企業などがいっていることがウソだと知った」
「もう畜産業に苦しめられることはないし、その恐怖に貢献するようなことはしない」

動物たちの苦しみを知る

テリーさんはインタビュー映像の中で、仲間がライフルで撃ち、目の前で苦しんで死んでいった鹿の話をしていました。
そのようすはとても後悔しているように見えました。

この気持ち、わかる気がします。

きっとヴィーガンを知ったあとで、昔の自分の行動を考えたんだと思います。

ぼくもヴィーガンを知ったとき、
「知らなかったにせよ、自分はなんてことをしてきてしまったんだろう」
と愕然(がくぜん)としました。

ポール・マッカートニーさんのエピソード

今回の話は、ポール・マッカートニーさんの話を、ぼくに思い出させました。
ヴィーガンになったきっかけのエピソードです。

たしかこんな話でした。

あるとき家族でレストラン行ったとき、庭に子羊が飼われていました。
「かわいいね」と子供と話しながら入店し、席についてメニューを見ます。
するとメニューには「子羊のソテー」などの料理があるわけです。

それを見て、
「もうこんなことやめよう」
と、ヴィーガンになったそうです。

ぼくはヴィーガンとは、
「相手の痛みがわかること」
だと思っています。

テリーさんはいっています。
「ヴィーガンには、どんなひとでもなれる」

ぼくもそう思います。人間を信じています。

ベジブタ
ベジブタ

今日も英単語の下に「おまけ」あるよ!

記事に出てくる英単語や熟語

ついでに英語も勉強しちゃいましょう。
読みが難しい単語だけ発音記号を載せています。
ぜひ下の単語一覧を見ながら、上にあげた元の記事も読んでみてくださいね。

  • violently : 激しく、乱暴に
  • advocacy【 ǽdvəkəsi 】: 弁護、支持
  • encourages : 勇気づける、励ます
  • pledge : 誓約、約束、固い約束
  • give ~ a go : ~を試す
  • nutrition : 栄養
  • ethics : 倫理、道徳
  • former : 前の、かつての
  • tackle : 取り組む
  • colitis【 kəláitis 】: 大腸炎
  • advocate【 ǽdvəkèit 】: 主張する、推奨する
  • exclusive : 独占的な
  • idolize : 崇拝する,心酔する
  • sort of : 多少、いくらか
  • numerous【 núːmərəs 】: 多数の、非常に多くの
  • despite : にもかかわらず
  • suffer : 苦しむ、苦痛を感じる
  • terrify : 恐れさせる、怖がらせる
  • buddy : 仲間、親友、友達、相棒
  • deer : 鹿
  • blow off : 吹き飛ばす
  • so there : 悪いけど(そういうわけだから)
  • stub : 切り株
  • describe : ~を述べる
  • drown in : たっぷりかける
  • diagnose【 dáiəgnòuz 】: 診断する
  • authority : 権威、権力
  • flare-up : 再発する
  • cholesterol【 kəléstəròul 】: コレステロール
  • odd : 常軌を逸した、異常な
  • thankful : 感謝して,ありがたく思って
  • contract : 病気になる
  • horror : 恐怖
  • agriculture : 農業
  • contribute : ~に貢献する、~に寄与する

おまけ – Ronda Rousey(ロンダ・ラウジー)

今回はいつもの音楽でなく、ヴィーガンの格闘家を紹介します。

ロンダ・ラウジーさん。
北京オリンピック柔道で銅メダルのかたです。

肉を食べないと強くなれないなんて、完全にまちがった迷信ですね。

映像はトレーニング風景で、暴力的なシーンはないので安心して観てください。

Ronda Rousey Training Camp Week Three (Montage)
ベジブタ
ベジブタ

それではまた次回のブログで。

スポンサーリンク
1.動物・アニマルライツ 海外ヴィーガンニュース(すべて表示)
■ シェアしていただけると、ベジブタめっちゃ喜びます!
ベジブタをフォローする
この記事をお届けした
ベジブタの最新ニュース情報を
いいね! してチェックしよう!
最新情報をお届けします。
この記事を書いたひと
ベジブタ

ブログを読んでくださってありがとうございます。
9割ほどのゆるいヴィーガン生活を送っています。
たまに普通のパンも食べるし、革靴も履いています。
普段の生活に、少しヴィーガンを取り入れたい方へ向けて、情報をシェアできたらと思っています。
ちなみにぼくは男性で、趣味は読書と筋トレです。
またぜひブログ見に来てくだいさね。
Twitter もよろしくお願いします。
*もう少し詳細なプロフィールは、名前のリンクをクリックしてお読みください。

ベジブタをフォローする
9割ヴィーガンの生活
タイトルとURLをコピーしました